〒901-0411
沖縄県島尻郡八重瀬町字友寄850番地
TEL:098-998-2401
FAX:098-998-4697
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 学校生活 > H28イベント2学期

南部商業の行事     2学期

緊急企画 【大人の(キッズビジネスタウン)】

「無農薬&新鮮野菜の収穫体験!】

 12月28日(水)、「大人のキッズビジネスタウン」として、野菜の収穫体験が行なわれました。やえせ高等支援学校の生徒が丹精こめて育てた新鮮野菜。本来は授業の中で収穫・販売という目的がありましたが、一部の野菜の収穫タイミングが冬休み中に・・・。せっかく育てた野菜が、だめになるよりはと担当の職員が企画。職員や生徒もが参加して楽しく収穫しました!

沖縄デジタル映像祭2016 優秀賞受賞!!

沖縄デジタル映像祭2016とは!

平成16年より開催されている沖縄デジタル映像祭は、デジタル映像クリエイターの発掘、人材育成を目的に毎年開催されています。今年も県内の高校生、専門学校生、大学生から短編部門、CM部門、超短編部門など、125作品の応募があり、その中から本校生徒の作品が2点ノミネートされました。そして、短編部門で見事優秀賞を受賞しました!作成したのは、情報ビジネス科3年生の3名で、作品の撮影、演出、演技、構成、編集まですべて自分たちで行いました。
  関連サイト「HP」

受賞者全員と記念撮影製作した3名

「短編部門優秀賞受賞作品」


【CM部門ノミネート作品】


ITパスポート」に2名合格!

ITパスポート試験は経済産業省が認定する国家試験。

パソコンやインターネットを使えることがほぼ当たり前となっている現在、会社での勤務でも、情報システムを上手に活用し処理する技術は必要不可欠となっています。

ITパスポート試験」は、「パソコン操作」、「表計算ソフトでのデータ処理」というレベルのみならず、ITに関する知識や技術を、積極的に活用するためのものです。

今回は、3年の情報ビジネス科の二人が見事に合格!卒業後の新たなステージでその技術を生かして欲しいと思います。おめでとう! 

芸術鑑賞 【カチンバ1551】

「ラテンのリズムにノリノリ!】

 12月12日(月)午後に芸術鑑賞が行なわれました。今回は【カチンバ1551】のみなさんをお招きして、ラテンのナンバーを中心に2時間舞台を鑑賞。体が自然と動きそうなリズムや曲の背景の説明もあり、ラテンのリズムや曲に親しみを感じることができました。ステージの後半では本校生徒が舞台に上がり、 一緒にダンスをする場面もあり、とても盛り上がりました。ステージ終了後も楽器に興味津々の生徒が様々な質問をしたり、実際に楽器に触れる姿も見られました。
 今回もとてもすばらしい芸術鑑賞となりました。カチンバ1551の皆様、本当にありがとうございました。今後のご活躍も期待しています。

ローソン沖縄×南部商業 商品開発プロジェクト

 11月22日(火)那覇市の県畜産振興支援センターにて、ローソン沖縄と商業高校生がコラボした商品開発プロジェクトの最終審査会にマーケティング部1年生の2名が参加しました。県内57作品の応募の中から、一次審査を通過した9作品の中から頂点(商品化)を目指し競い合いました。

 私たちのチームテーマは、沖縄県産の食材を使って再び沖縄を健康長寿県にしたいという思いから、「色どりおにぎりin沖縄豚の油みそ入り」という商品名で人参シリシリ、ちきなーなどを使った商品企画・提案をしました。私たちの熱意が実りグランプリンを勝ち取る事ができました。
 これから商品化に向けて、ローソンさんと試食品や打ち合わせを重ねて4月には店頭販売されます。その際は是非、私たちの商品を手に取って味見して下さい。これからも応援宜しくお願い致します。

授賞式より① 授賞式より② 授賞式より③

 
インタビューの様子 商品試作品(案) パッケージデザイン素案

第36回 校内マラソン大会

「大城君(東風平中・野球部) 3連覇達成!!」

 11月18日(金) 東風平陸上競技場をメイン会場に第36回校内マラソン大会(男子:7km、女子:5km)が行われました。

当日の天気は快晴、気温27度と最高?のコンディションの中、「○位以内には入ろう」「完走できるかな」など各々緊張しながらスタート!途中で苦しくなって逃げ出したくなったり、歩きたくなる自分と戦いながら、最後まで走り抜きました。走り終わったみんなの表情は、とても清々しいものでした。また、当日走れない生徒は役員に回り、走っている生徒を懸命にサポートできました。

 第36回校内マラソン大会の結果は、男子は3年生の大城君が優勝。大城君は1年生のときから優勝しており、3連覇を達成。すばらしい快挙です。女子は、2年生3年生をおさえ1年生の比嘉さんが優勝しました。 

PTAをはじめご協力頂いたみなさんどうもありがとうございました。

第20回 沖縄県産業教育フェア 高校生美ら産フェア  11月11日~12日

「未来を変える我らの技術 あふれる思いを次世代へ」

 県内の商業・工業・農業・水産・特別支援学校や各学校の専門コース・学科等が一堂に集い開催された高校生美ら産フェア。特設ステージでは国外研修の報告、研究発表、ファッションショーなどが行なわれ、各ブースではそれぞれの授業の成果や研究発表、作品の展示などを見ることができました。
 本校からもキッズビジネスタウンや商業デパートに参加し、日頃の学習の成果を発表するとともに来場者とのふれあいを通して学習を深めることができました。
 特に商業デパートでは、本校生徒が企業とのコラボレーションをテーマに共同開発した商品が店頭に並び、店舗の装飾や広告、販売戦略などそれぞれのグループの創意工夫が見られました。商品はお昼過ぎには完売するなど大盛況で、授業を通した取り組みにも成果が見られたと思います。
 ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました!またよろしくお願いします!!

第61回文部科学大臣杯 青年弁論大会

3年 津波さん「優秀賞」を受賞!!

 文部科学大臣杯全国青年弁論大会とは、中学生・高校生・大学生や社会人など15歳以上40歳未満の方が全国各地より集まって繰り広げる、日本語による弁論大会。

毎年恒例!?ハロウィン仮装大会

午後の授業は仮装OK!

 生徒会が企画して今回で3回目となる「ハロウィン仮装大会」。参加者も毎回増え続け、仮装のクオリティも高くなっている。昼食時間から仮装OKで下校時には元通り。限られた時間を思う存分楽しむ姿が印象的でした。また、そのままの格好で午後の授業を受けるため、ある教科では持久走の授業で校外を走るハメになり、通行人や車両からの強い視線を感じたとか・・・。
 職員も仮装して楽しい一日となりました!

第33回沖縄県商業高等学校英語スピーチコンテスト

優良賞 2年 上原さん

 1021日(金)に名護商工高等学校にて第33回沖縄県商業高等学校スピーチコンテストが行われました。南部商業高校からは校内のレシテーションコンテストで3位までに入った3人が参加しました。2年の上原さんはスピーチ部門、3年の前泊さん、2年の照屋さんはレシテーション部門に出場しました。
 スピーチ部門13名、レシテーション部門25名参加の中、様々なテーマでのスピーチ、レシテーションが行われ、南商代表の3人も緊張しながらも堂々としたスピーチを披露しました。そして、スピーチ部門に出場した2年、上原さんが見事優良賞を受賞しました。スピーチの内容は、今年本校内に開校したやえせ高等支援学校に関連して、健常者と障がい者との共生を訴えた内容でした。上原さんは昨年もスピーチ部門で優良賞を受賞したので2年連続受賞の快挙となります。
 沖縄県商業高等学校英語スピーチコンテストは毎年商業高校で行われ来年の会場は南部商業高校となっています。来年も是非南商生が参加して頑張ること期待します。大会に参加した3名の弁士さんお疲れ様でした。
 

 


 



クリックすると拡大します。

県新人大会推戴式

各部活動が決意表明!

 10月28日から開催される沖縄県高等学校新人体育大会に出場する各部活動の選手らの推戴式が行なわれた。選考開催された男女バスケットボールやソフトテニス部の結果報告、大会を控えた女子バレーボール部やボウリング部、バドミントン部の主将が決意表明。また、校長先生の激励の挨拶に続き、高校総体で部活動を引退した3年生の先輩からは、「自分たちをサポートしてくれる方々への感謝も忘れずに、自信を持ってプレーしてほしい」と激励の言葉が送られた。
 日頃の練習の成果を発揮できるように頑張ってください!


平成28年度 グローバル・リーダー育成海外短期研修事業

専門高校生国外研修(台湾)

 
 沖縄県教育庁の主催で、グローバルな視点を持った世界で主体的に活躍できるリーダーを育成する基礎作りを図ることを目的に県内の専門高校の生徒を対象に海外研修に派遣。
研修は工業系、情報系、商業系の生徒を20名派遣し、現地産業の視察や現地高校生、大学生及び沖縄県出身者との交流、インターンシップ等を実施することによって、グローバル社会に対応した産業振興を担うための内容となっている。
 本校からは2年生の新垣さんが派遣対象として選ばれ、平成28年9月4日(日)~9月13日(火) (10日間)研修に参加。
 研修報告会では、中国語講座や外交部・教育部訪問、交流事業や施設見学を通して多くの人との触れ合いや異文化の交流ができたこと、また、この研修で「コミュニケーション能力」「言語力の重要性」「行動力の重要性」を感じたとなどが報告された。
国際化がさらに進む状況に対応するためにも、海外へ視点を向けることは必要不可欠になっている。新垣さんの報告に生徒も興味深そうに聞き入っていた。

マナー講座in南風原中学校

ビジネスマナーの基本!

 南風原中学校からお招きいただき、マナー講座を開催しました。本校の生徒が中学生を対象に挨拶や姿勢などビジネスマナーの基礎基本を伝授!グループに分かれて活動したり発表したりと本校生徒にとっても充実した一日になりました。 

工場見学「沖縄明治乳業株式会社(浦添市牧港)」

 県内で乳製品全般を製造する唯一の工場として、厳格な品質管理のもとに美味しい製品を作っている沖縄明治乳業株式会社。
 今回は2年生の流通ビジネス科が食品工場における施設や製造過程を見学。専門科目への興味関心を高めるとともに、そこで働く方々からの見聞により勤労観や職業観の高揚を図る。工場の見学については、食品衛生上の問題から工場内の出入りが制限され、見学内容は見学室でのビデオ鑑賞と遠隔操作によるカメラでの見学・説明となっていた。日頃から飲んでいる牛乳や大好きなアイスクリームの製造工程、栄養バランスなどについて説明を受け、興味深く聞き入っていた。



生徒会役員選挙

生徒会長に2名、副会長に3名が立候補

 10月14日(金)、本校の新生徒会役員を決める選挙が実施。選挙管理委員長のあいさつのあとに行なわれた候補者による演説では、魅力ある学校づくりに対するそれぞれの思いや考えを全校生徒に訴えていた。
 昨年度から、投票の際に使用する記載台や投票箱は実際の選挙で使用されるものと同様のものを使用し、選挙の雰囲気や関心を高める工夫も行なわれている。
 即日開票作業が行なわれ週明けには発表となる。

96回全国高校サッカー選手権大会 沖縄県大会

10月10日(月)2回戦 南部商業 対 美里工業 場所:黄金森陸上競技場

 両チーム初戦となるこのゲーム。南部商業は試合登録メンバー12名の少数で試合を向かえた。12名のうち、この大会が最後となる3年生は3名。少人数ということもありモチベーションの維持が難しく全員がそろって練習できるのは数回という難しい状況が続いていた。そのため練習試合も組めない状況であったが、単独チームで出場ができることになり、3年生を始めチームの士気は高まっていた。

 曇り空の下、美里工業のキックオフで始まった。試合序盤、堅さが目立つ両チーム。どちらも必要以上に力が入り、ボールが落ち着かなかった。しかしゲームが進むにつれペースを握ったのは南部商業だった。⑦伊集にボールを集め、短いパスと相手の裏を付きサイド攻撃を仕掛け美里工業ゴールに迫った。
 前半15分頃、サイド攻撃からドリブルでゴールに迫った⑩嶋袋が倒されPKを獲得した。先取点のチャンスとなったがこのPKは相手GKに防がれ得点には至らなかった。しかしゲームの流れは南部商業が握ったまま時間が進み、前半20分頃中央からスルーパスを受けた⑩嶋袋が相手GKもドリブルでかわしてのシュートを決め先取点をもぎ取った。
 先取点を奪った南部商業はここから怒濤の攻めを見せる。
⑱外間、⑭宮里、⑩伊集、⑫大城らが得点を重ね、前半を6-0で折り返した。
 チームの体力や気持ちの持久力も含めペース配分もできず、どこまでやれるか未知数であったが、「いけるとこまでいこう!」といった思い切りが功を奏したと考えられる。前半から飛ばしていたので、後半は体力面が心配された。
 懸念されていた後半。心配をよそに勢いは後半も止まることなく持続し、闘志を全面に出した南部商業は美里工業にペースを握らせなかった。頑張れた力となった大きな要因として素晴らしい応援があった。
 美里工業にペースを譲ることなくゲームを進め、無失点で最後の笛を聞き、6-0で勝利をものにした。
 試合内容は多くの課題が残るゲームではあった。しかし勝利を手にしたことが1番の収穫であり、これまでやってきたことが報われたものとなった。
 毎朝早朝練習を行い、夏休みも少ない人数で乗り切り、合宿や他校との合同練習を経てこの日の勝利となった。「選手権大会で1勝する!」ことを合言葉にし、それを実現させた南部商業サッカー部。
 
  次戦は15日(土)15:30キックオフ、相手は県内ランキング15位の沖縄尚学、場所は西原東崎サッカー場である。
 一生懸命、全力でぶつかり、走りに、走り、更に走りまくって「選手権2勝」を目指して頑張って欲しい!!
 南部商業サッカー部のファイトに期待する。

沖縄県高等学校商業実務競技新人大会 9.11

団体2部門で入賞!

 9月11日に行なわれた上記大会において、本校からは珠算の部、電卓の部、簿記の部、ワープロ(速度)、情報処理の部に出場しました。珠算の部団体において3位!(1年:仲間、仲宗根、名嘉)、情報処理の部団体において準優勝!(2年:糸数、上原、宮城)の成績となりました。おめでとうございます。今後も資格取得を目指すなかで、来年6月の大会でよりいい成績を残せるように頑張りましょう!
※写真は前日に行なわれた校内での記録会の様子



 



クリックすると拡大します。

情報ビジネス科 センター実習 8.31  9.1

2年生の情報ビジネス科が2日間に分けて実習!

 2学期が始まってすぐに情報ビジネス科2年生は沖縄市にある県立総合教育センターに行き、「農工商プログラム」の実習を行いました。今回の実習では、午前中は「オリジナルCD作成」「農場体験」「レーザーを使ったオリジナルキーホルダー作成」「食品加工」「プログラムを組んでミニカーを走らせる」など、5つのグループに分かれて実際に農業高校や工業高校で行われている授業を体験しました。また午後は、ipadを使ってそれぞれのグループによる成果発表会も行われました。
学校の外に出て、普段学習している商業の科目だけではなくいろいろな教科の実習プログラムを通して、知識、技術及び技能の体験をし、自ら考え行動し適応していく力、コミュニケーション能力、協調性、チャレンジ精神などを身に付けるとてもいい機会となりました。
 

 

2学期 始業式 8.26

少し早めに2学期開始!

  8月26日(金)、例年より少し早めに2学期がスタートしました。HR役員認証式では各クラスのHR役員が校長先生より認証状を授与され、1年生の瑞慶覧さんが代表して決意表明を行ないました。また、夏休み期間中に活躍した生徒への伝達表彰も行なわれ、盛大な拍手が送られました。
 引き続き行なわれた始業式では、校長先生の挨拶、生徒指導の先生からの挨拶があり、夏休み期間中の過ごし方と2学期に向けてのアドバイスや注意事項がありました。たくさんの行事が予定されている2学期を、生徒、職員、保護者一丸となって盛り上げていきましょう!



 
 


クリックすると拡大します。

第31回 高体連加盟校全国選抜大会(ボウリング競技) 8.8

全国大会で入賞!

 8月8日から石川県において、第31回高体連加盟校全国選抜大会が開催され、本校から2年の宮城さんが県代表として参加しました。
 宮城さんは女子個人の部で6位入賞を果たしています。高校入学時から全国大会で活躍するすごい選手です。今後も頑張って下さい!



 



クリックすると拡大します。

特別支援教育講演会 8.4

本校視聴覚教室にて

去る8月4日、宮城県にある宮城学院女子大学教授 梅田真理先生を講師にお招きし、「SOSのサインを出す子どもたちの理解と支援 ~日々の支援に役立つ具体的な内容を中心に~」と題した特別支援教育講演会が行われました。
梅田先生の具体的でありながらも、ユーモアたっぷりの講演は、「困り感」をもった生徒との関わり方に悩んでいたり、ヒントがほしかったりする参加者に多くの学びだけでなく、元気・前向きな気持ちにさせてくれる内容でした。
また、参加者の受講後のアンケートにも、「授業だけでなく、HR・進路活動にも活用したい」「発達障害の生徒だけでなく、生徒全体に通じる内容だったので、広く活用していけると思います」等の意見が多く寄せられ、研修が実践に結びつけやすい内容だったと思います。
やえせ高支・南部商業高校は併設型の学校です。今回の講演会にも、両校の教員が一緒に参加し、一緒に同じ内容を聴いて、発達障害について学びました。
やえせ高支・南部商業高校の2つの学校が一緒になって、障害があってもなくても一人一人が主体的に生きていく共生社会にむけて、さまざまな取組を頑張っています。 
※今回の講演会は、「地域のセンター的役割として、地域の中・高等学校への支援を行う」という目的の下、南部地区の中・高等学校・特別支援学校の先生方もたくさん参加していただきました。御参加していただいた先生方、御参加ありがとうございました。



 


クリックすると拡大します。

全国高文祭広島大会 8.1

第40回全国高等学校総合文化祭 第62回文部科学大臣旗全国高等学校弁論大会

 8月1日に上記の弁論大会が広島県で開催されました。県代表として本校から3年の内間さんが弁士として参加し、文化連盟賞を受賞しました。今後の活躍も期待しています。



クリックすると拡大します。