〒901-0411
沖縄県島尻郡八重瀬町字友寄850番地
TEL:098-998-2401
FAX:098-998-4697
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 学科紹介 > 3学科


学科紹介

学科の概要
 流通ビジネス科では、「有能な販売スタッフの育成」「起業家精神の育成」を目標に、学科独自のカリキュラムを展開しています。商業科目の基礎である簿記や情報処理をはじめ、あいさつやお辞儀、言葉遣いなど、社会人に必要なビジネスマナー、パソコンを活用した模擬会社の商品取引、校内外における地域特産品の販売実習など、ビジネスに必要な基礎・基本を体験的に学習しています。生徒一人ひとりが日々の学習活動を通して、自己実現へ向けて頑張っています。


学科の概要
 OA経理科では、「簿記・会計に関する知識と技術を習得させ、経理・事務に適切に対応するための能力と態度を育てる」ことを目標に、日々授業を行っています。特に「簿記・会計」の科目に重点を置き、簿記関連の授業を全学年で多くもうけています。授業では、企業において日常活用する取引においての、記録・計算・内容・整理の技術を身につけ、その成果を計数的に把握し、的確な損益計算書と貸借対照表を作成することを学び、全商簿記実務検定1級、さらには、日商簿記2級などの検定にも取り組んでいます。その他にも建設業経理士や薬剤管理士の学習に取り組んでいます。


学科の概要
情報ビジネス科では、情報処理に関する実践的な学習を通して、「地域産業に貢献する人材の育成」を目指しています。そこで、目標とする人材を育成するためにワード、エクセルの基礎から応用、Web作成、ネットワーク構築まで幅広く学びます。さらに、ポスターやイラスト、CMなどの作品制作に取り組むことでいろいろなアプリケーションソフトを活用する能力を身に付けます。
また、コンピュータの学習だけではなく、チーム(グループ)で学習し実践する力を身に付け、校外研修や販売実習等を通して地域の方々と交流し、社会人として必要なコミュニケーション能力の育成にも取り組んでいます。


取得可能な資格  ※漢字検定、英語検定、数学検定も受験可

珠算・電卓実務検定試験

珠算・電卓実務検定試験とは?

「読み、書き、ソロバン」は、昔の日本の典型的な教育であり、そこから多くの商業人が育ち、かつての日本の商業が支えられ、社会経済が発展してきました。ソロバンや電卓は、ビジネスの諸活動に必要な計算の基礎になる考え方や計算能力の向上を図ることができます。ソロバンでは計算技術が向上し、暗算能力も付き、電卓では複雑な計算も簡単にこなすことができます。
ソロバンや電卓を利用し、実務計算処理能力を判定するのが珠算・電卓検定試験です。

★取得のメリット

 ソロバンや電卓を使用することで数字に親しみ計算技術を向上させることができ、計算技術の向上は実務能力の向上に直結し企業でも重要視されています。 特に電卓は社会のあらゆる場面で広く利用されており、私たちの日常生活でも大いに役立っています。
コンピュータよりも「手軽な道具・身近なパートナー」であるソロバンや電卓を使って1級の資格取得を目指してみませんか。
珠算・電卓実務検定の合格証は、たんなる計算技術のレベルをはかるものでなく、どれだけ素早く実務がこなせるかの判断材料ともなるのです。

簿記実務検定試験(全商・日商)

★簿記とは?

 簿記とは、日頃、企業(会社)で行われる取引を一定のルールに従って帳簿に記録し、それを一定の報告書(財務諸表)の形にまとめ、利益の金額や所有する財産の状態などの情報を企業の内外に提供するためのものです。簿記で作成した報告書は、税金の金額の計算や、会社の将来性や信用度の測定などに利用されたりします。いわゆる企業の通知表や成績表にあたる報告書を作成するのが簿記です。 
簿記を学習することによって、企業の経理事務に必要な知識や技術が身につくだけでなく、企業の経営状態などを理解・分析することが可能になり、経営管理能力が身につきます。
このように、「簿記会計がわからないと経営はできない」といわれるほど、企業経営において有益な道具として、簿記は広く活用されています。

★取得のメリット

 本校では進路決定に役立つ資格として、簿記はぜひとも取得して欲しい資格です。 
就職においては、経理事務関係の職種の採用試験を受験する場合に有利になります。簿記の資格を取得しているということは、そのまま、企業の経営管理に貢献できるという証明で、企業で経理事務を担当する人にとって、必要不可欠な資格といえます。 
進学においては、1級取得を推薦入試の推薦基準としている大学・短大も多く、また、センター試験の受験科目として簿記を選択することもできますので、大学進学の道が大きく開かれるといえます。また大学・短大・専門学校へ入学した後も、簿記に関する基礎が身についていますので、その後の学習にも大いに有利となります。さらに、上級の試験を目指していけば、やがて専門的職業として税理士や公認会計士として活躍できる道も開けてくるのです。 このように、簿記の資格を取得することにより、将来への選択の幅が大きく広がります。

ビジネス文書実務検定試験

ビジネス文書実務検定試験の魅力

 ビジネス活動では、さまざまな情報を文書によって伝達することが多くあります。
情報を速く正確に伝えるためには、ビジネス文書に関する基本的な知識と入力に関する基本的な技能を兼ね備えている必要があります。 
ビジネス文書実務検定試験は、このような知識と技能を身につけ、社会に出て即戦力になれる人材を育成することを目的に、級ごとに出題範囲を定めて実施しています。
ビジネス文書部門(筆記・実技)・速度部門(実技)それぞれの問題を段階的にクリアすることで、実社会に役立つ能力を身につけることができます。 
速く正確に入力するということは、文章を速く正確に読み取る力を身につけるということです。情報化社会では、書類を速く正確に作成することが求められます。
表計算ソフトやプレゼンテーションソフトなどを作成するにも、速く正確に入力する技術がその基本となります。また、英語部門では、英語の文章に慣れるという利点もあります。

英語検定試験(商業)

★国際言語の必要性

 世はまさに国際化の時代です。国際化の時代とは、あらゆる意味で、外国と日本との距離が縮まっている時代ともいえます。たくさんの日本人が海外旅行を経験しています。街で外国人を見かけて振り返る人はもういないでしょう。ビジネスの世界でも同じことです。職業人として自立していこうとするとき、諸外国の存在を無視することはできません。当然、外国語、中でも使用頻度の高い言語である英語を身につけていることは、あらゆる場面で役に立つでしょう。

★コミュニケーション手段として

 外国人に日本の印象を聞くと、「こちらが話しかけてもなかなか心を開いてくれない」人が多いとよく言われます。それは日本人は照れ屋で、本来なら英語を話せる人でも、いざ外国人と向き合うと、実力の半分も発揮できない人が多いと言われています。もしここで、英語検定合格という自分の語学力に対する確かな保証があれば、照れを克服できるのではないでしょうか。そして、余裕を持って外国(人)に心を開くことのできる人こそ、本当の国際人と言えます。使えない英語を、やみくもに詰め込む時代はもう終わりました。これから。の英語は、実際に外国人とコミュニケートし、互いに理解を深める手段として学ばなければなりません

★生きた英語の実力を試す機会

 この検定試験は学習指導要領に沿った内容を盛り込み、毎年正答率の分析を行っています。これは、試験内容を公平で安定したレベルにするためです。また、国際化社会に生きる英語をめざすための工夫として、コミュニケーションに必要な語や文例の出題を心がけています。
英語力が就職に有利なのはいうまでもありませんが、大学進学で国際関連学科などの推薦入学を狙う場合も、この検定をぜひ受験していただきたいものです。
さらに、国家資格につながる上級の試験を受験するときにも、実力をためすことができます。
 

情報処理検定試験

情報化社会において・・・

 現代社会においてはすべての企業にコンピュータが導入されています。
インターネットの広がりによって、家庭にもパソコンが普及し、情報化社会の主役ともいえるコンピュータを学ぶことは、現代社会を生き抜くための必要不可欠、かつ重要な要素となっています。
情報処理検定ではコンピュータを主体的・創造的に活用するために、次の2つの学習内容を目的としています。

1. 情報の活用能力を習得

 この学習内容は様々なアプリケーションソフトを利用して情報の収集・分析・活用・報告を行いながら、情報活用能力を身につけるものです。
ビジネスソフトとして多く利用されている表計算ソフトウェアやデータベースソフトウェアに関する知識や技術を学習し、ビジネスにおいて情報を主体的、実践的に活用する能力を養います。

2. プログラミングの基礎を習得

 コンピュータを自分の思い通りに動作させるためには、コンピュータを動かすための基本的な考え方であるアルゴリズムや、ソフトウェアを作成するためのプログラミング言語を覚える必要があります。
プログラミング言語を身につけることは、論理的な思考力を高めることにつながり、社会に役立つ便利なソフトウェアの開発等、コンピュータを合理的に活用する能力を養います。

商業経済検定試験

★経済の流れがわかる!

 あなたは新聞を読んでいますか?読まない、という人はいないでしょうが、表紙・スポーツ・社会面とTV欄を見るだけ、というのでは、少し悲しいですよね。
実は、新聞の2~3ページ目にある経済面は、大人でも理解して読める人は多くありません。でも、商業経済関係科目を学ぶと、この難解な経済面を読むための基本が身につきます。さらに、企業経営の基本原則や、わが国の法体系の基礎を学ぶことにより、それらの報道がより身近に感じられるようになります。国内問題や国際情勢を正しく理解することができる能力を身につけることは、商業界において最も重要な能力の一つです。

★「ビジネス基礎」で商業の基本を身につける

 企業の行う経済活動をビジネスとしてとらえ、ビジネスが実際にどのように行われているかを学びます。例えば何気なく買っているミニペットボトル1本にしても、生産者から卸売商・小売商を経て消費者に届きます。こうした活動について学ぶとともに,これらの活動に必要な能力を高めていくことになります。

会計実務検定試験

 

ビジネスコミュニケーション検定試験

 

サービス接遇検定試験

 

ITパスポート試験

 

調剤事務管理士技能認定試